面接でのNG

女性の「ここがNG!」

面接は初対面の一発勝負!選ばれるスタイルを身につける。

就職活動の季節に見かける『新卒スタイル』。実はその半分以上がNGです。取りあえずリクルートスーツだから、というだけでは、社会人のプロである面接官には通用しません。また、企業の方も短時間の面接で、相手の人物像・能力を見極めなければならないので、その目はたいへん厳しくなります。

だからこそ、第一印象を決める「見た目」はとても重要!どんなに中身をアピールしても、最初に受けるビジュアルイメージの先入観は、なかなか消えないものです。ちょっとした着こなしのコツが、大きくライバルに差をつけます。企業が求めている「信頼性」また「企業の一員としてふさわしく有望な人物か」という印象を、徹底的にアピールしましょう!

面接官が見抜く、ここがNGポイント!

面接官

よくありがちな、「取りあえずリクルートタイプ」と「私を魅せたいフェミニンタイプ」。これでは社会人としての常識を疑われてしまいます。面接は、これから進むビジネスシーンの第一歩。大人としての最低限の着こなしマナーを身につけましょう。

女性の「ここがNG!」

女性の「ここがNG!」

ヘアスタイル/巻き髪は多少であってもフレッシュさに欠ける。できるだけストレートで。

スーツ/身体のラインにフィットするスーツは、窮屈に見える。

靴/足をキレイに見せようとハイヒールを履くのは勘違い!頼りない印象になる。

指先/マニキュアはつけない又は透明で!長過ぎる爪は不真面目なイメージになる。

バッグ/デザイン重視の小さめバッグにやる気は見えない!書類が入るB4以上の大きさのシンプルな物を選ぶ。

メイク/ばっちりメイクはプライベートで!濃いメイクは老けて見える。