立ち振る舞い

面接中の表情で差がつく!

ただ真剣な表情だけだと、面接官の印象には残りません。喜怒哀楽を表現して、豊かな人格をアピールしましょう。

・真剣な表情の作り方

真剣な表情の作り方

口元を軽くひく。視線は泳がさず、真っ直ぐに相手を見る。上目使いにならない。深く頷いたり、考える仕草もいいが、くれぐれもやりすぎないように。数人でも面接の場合、他の人の話にも耳を傾け、軽くうなずくと面接官にも好印象を持たれる。

・笑顔の作り方

笑顔の作り方

口角をあげ、上の歯を見せるくらいが丁度。目元は軽く微笑む程度、顔全体の緊張感は忘れない。くだけすぎたガハハ笑いは不真面目に見える。いつも同じ笑顔にならないように気をつける。小さく微笑む、大きく笑うなど、色々な笑い方を練習しましょう。